24 10月 2014

幸せな老後を送るために

「老後の生活」と聞くと、若ければ若いほどぴんとこないかもしれません。しかし、年金問題などを耳にするようになると、自分達の老後はあまり明るい兆しはないというのは、うすうす感じているという人も少なくはないと思います。

日本の平均寿命は80歳を越え、世界も注目する長寿大国となりました。しかし、すでに老後を迎えているという人は、老後難民の落とし穴にすでにはまって抜け出せない状態が増えているのをご存知でしょうか?

「自分は、関係ない」と思っている人もいるかもしれませんが、老後難民は人ごとではありません。自分は、しっかり老後の貯蓄があるから大丈夫と安心するのは危険です。実際に、老後難民になっている人は、3000万円以上の老後資金を貯蓄している人がほとんどだからです。3000万円と聞くと、大金に聞こえますが、65歳で定年を迎え80歳を超える寿命を向けるまでの、生活費としてはギリギリの資金なのです。特に、70歳を超えてから、生活に限界が見えてくるといいます。

家族に迷惑をかけたくないと、自ら命をたつ老人が目立つのもこの年齢だといいます。老後難民にならないように、今からしっかりと老後の資金運用について考えてみてくださいね。

老後への備えについてはこちらの記事がオススメ!

9 10月 2014

加入すると得な学資保険

将来、子供が必要とする教育資金を蓄えなくてはなりませんが、その金額は、大学までなら、公立でも1000万円以上になるとされています。そのことから、早いうちから資金づくりを行なう必要があるとされているのです。

いま教育資金を作るためには、預金よりも学資保険がよいといわれるようになっています。この保険に加入すると、子供にとっては助かることがあります。保険では、万が一、契約者がなくなったり、高度障害となったときには保険料を支払う必要がありません。

そして、保険料を支払わなくても保険金については満期になると予定通りに受け取ることができます。これは、預金では得ることができない学資保険ならではの特徴とされ、この保険に加入していたほうが、もしもの時でも安心して学業に励むことができるようになるとされています。

これは、受け取る資金がいままで払い込んだ保険料ということでなく、生命保険と同じく保険としての金額が受け取れるようになることから、これから進学が必要な子供にとっては安心できるものとされています。

これが、預金との大きな違いであり、子供の進学において大学まで安心して心配するようなことがないといわれています。そういったことからも学資保険に加入したほうがよいとされているのです。

保険 | admin | 0 comentarios