9 10月 2014

加入すると得な学資保険

将来、子供が必要とする教育資金を蓄えなくてはなりませんが、その金額は、大学までなら、公立でも1000万円以上になるとされています。そのことから、早いうちから資金づくりを行なう必要があるとされているのです。

いま教育資金を作るためには、預金よりも学資保険がよいといわれるようになっています。この保険に加入すると、子供にとっては助かることがあります。保険では、万が一、契約者がなくなったり、高度障害となったときには保険料を支払う必要がありません。

そして、保険料を支払わなくても保険金については満期になると予定通りに受け取ることができます。これは、預金では得ることができない学資保険ならではの特徴とされ、この保険に加入していたほうが、もしもの時でも安心して学業に励むことができるようになるとされています。

これは、受け取る資金がいままで払い込んだ保険料ということでなく、生命保険と同じく保険としての金額が受け取れるようになることから、これから進学が必要な子供にとっては安心できるものとされています。

これが、預金との大きな違いであり、子供の進学において大学まで安心して心配するようなことがないといわれています。そういったことからも学資保険に加入したほうがよいとされているのです。

保険 | admin | 0 comentarios