19 3月 2015

万が一のことがあっても教育は続く

こども保険の利用というのは、お子さんの健全な成長と高度な教育を考えた上で非常に重要なポイントとなります。義務教育に加えて公立高校についても無償化が行なわれましたが、そうであったとしても教育の家庭には何かとお金が掛かるものです。当然、私立を選ぶのであればより大きなお金が必要となることは考えて置かなければなりません。

出来れば考えたくないことではありますが、同時に考えて置かなければならないのが、その家庭における主たる収入者にもしものことがあった場合です。死亡した場合は勿論のこと、高度障害などを負ってしまって働けなくなってしまった場合、子供の教育が脅かされてしまうというのは避けなければなりません。学資保険の一種であるこども保険には、こういった主たる収入者に対する問題発生時への対応能力というものも備わっています。

多くのこども保険は、契約者が死亡した場合、その後の保険料の支払いを免除するという設定を行っています。さらに、問題なく当初の通りの学資年金を受け取ることができるようになりますので、子供の教育に対して影響が出ないようにすることが出来るのです。子供の教育を願うのであれば、多少お金はかかりますが、検討してみると良いでしょう。

保険 | admin | 0 comentarios
7 2月 2015

なぜ老後難民に陥るのか

老後に不安を抱えている人は少なくないはずです。「老後難民」なる言葉まで登場しているおかげで、自分自身の老後に対し、どうしても悲観的にしかなれないという人も珍しくないと言われているのです。確かにこれは大問題ですが、それでも老後はやってくるのです。お金も必要ですし、それ以上に大切な事が「生きる意味」とされています。体も弱ってきて、さらにはお金も無い。これではなかなか生きる意味を見出す事は出来ません。

「生きていても仕方が無い」などと思うようになってくると、まさに老後難民の第一歩と言われていますが、老後は時間はたっぷりとありますので、どのようなライフスタイルを送るのか。資金次第とも言えますが、どのような老後を送りたいのかを若い時からしっかりと見定めておく事で老後難民を回避する事が出来るのです。

お金の問題だけではなく、モチベーション、メンタリティの部分もとても大切なのです。「何となく一日が終わった」よりも「今日も楽しかった」と思える生活の方が良いのは老後であっても同じです。仕事がなくなるのですから、何をもってして「良かった」になるのか。これを見定める事が出来るようになれば、老後難民にはならないはずです。

13 1月 2015

NISAはあくまでも「制度」です

投資にあまり詳しくない人の中には、NISAの事を優遇制度か何かと勘違いしている人もいるのですが、NISAはあくまでも「税金が控除される」という制度であって、決して投資そのものが有利になるといった事ではありません。

ですが実はこれ、勘違いしている人がとても多いと言われています。NISAであれば投資利益が出やすくなるのではないかといった勘違いをしてしまっている人はとても多いと言われているのですが、そもそもNISAというのは税金が控除されるだけです。

しかもその額はあらかじめ定められているものですので、決して無限に税金を支払わなくて良いというものではありません。ですがそれでも最大で5年間、100万円の税金が免除されるというのはとても素晴らしいものです。

投資の経験がある人であれば、これがどれだけ素晴らしい事なのかが解るはずです。税金の事を考えなくとも良いのですから、言うなれば投資戦略も立てやすいのです。その点ではNISAの方が利益を出しやすいとも言えます。ですが、あくまでもそれは各々の勝手であって、NISAというのは制度の事です。この点を勘違いしないようにすべきです。勘違いしても誰の責任かと言えば、自分自身の責任なのですから。

NISAで何に投資すべきかを徹底解説!
↑分散投資のノウハウを紹介している話題のコラムです。

10 12月 2014

J-REITとは一体?

「J-REIT」がどのようなものなのか理解しているという人は不動産投資マニアと言えるでしょう。

J-REITとは、Real Estate Investment Trust、「不動産投資信託」です。投資信託がどのようなものなのかは説明するまでもないかと思うのですが、投資信託の不動産投資バージョンと考えると話しも解りやすいのではないでしょうか。不動産投資を信託として行なう事になりますので、大きな利益を狙う事が出来るかもしれませんし、元本我の可能性もあるのです。不動産投資は大きな利益を狙えるものではありますが、同時に大きな損失を出してしまうケースすらあります。

そもそもこれは投資全般に言える事ではあるのですが、不動産は高額ですから、その分ハイリスク・ハリイターンなものとなってしまうのです。ですが、信託として行うのであれば、知識のある人間が行ってくれる事になりますので、自分で不動産投資を行うよりもリスクはありませんし、資金もそこまで用意する必要はありません。その点はとても大きなメリットと言えるでしょうが、J-REITではあっても「確実な利益」を謳っている訳ではありませんので、その点は気をつけるべき部分です。

30 11月 2014

あまり馴染みがない保険業法

保険について調べていくと、保険の世界にもしっかりとした法律があることがわかります。一般的にはあまりこの保険業というのは知る機会は少ないと言えます。このような保険業について知っておくことは時と場合によって必要であると言えます。
保険に関して違法ではないのか、何か怪しいと思うこともあるかもしれません。特に詐欺などを図ろうとしている組織においてはこの危険に思う感じが非常に重要であると言えます。

当然詐欺などを図ろうとする組織は大きな罰則を受けることになると言えます。
しかし、健全な保険会社においても保険業法というのが存在することになり、それをしっかりと守っていくことは必要になると言えるでしょう。

このような保険業法を詳しくしるということはあまりないとはいえますが、知っておけば役に立つことも多いと言えます。適切な運営をしていくことが求められる保険会社にとってこのような法律は非常に大きな意味を持ってきます。
法律について知っておくことはとても大切です。知らないよりは知っていたほうがトラブルを防げる可能性が大きくなり、自分のリスクを少なくすることができるでしょう。

適切な法律についての知識は大きな武器になります。

14 11月 2014

自分の経済状況にあわせて

公的年金とは別に老後資金を確保するための手段には色々なものがあります。その中の一つであるのが確定拠出年金と呼ばれる、401kというものです。ここではこの401kが持っているメリットについて簡単に紹介していきたいと思います。

まず第一のポイントとして、公的年金に比べて多くのお金を受け取れるようにすることが出来る、ということにあります。401kは保険料として積立を行っていくのではなく、元々積立金としての積立を行っていくことになります。このお金は単純に貯金が為されていくだけではなく、その一部を投資に回すことによってより高い利率でお金を増やしていく事が出来るわけです。

毎月の積立額もある程度個人で決定することが出来ますから、老後に受け取りたい年金額からどれぐらいの積立をするのかということを考え、自分の経済基準を元にして設定していくことが出来るのもポイントの一つとなります。

ただし、資産運用を行っているということからも分かるように、ノーリスクでお金が増えていく訳ではありません。場合によっては元本割れを起こす可能性もあるため、その辺りについては理解した上でどれぐらいを401kに回すのかを考えなければなりません。

24 10月 2014

幸せな老後を送るために

「老後の生活」と聞くと、若ければ若いほどぴんとこないかもしれません。しかし、年金問題などを耳にするようになると、自分達の老後はあまり明るい兆しはないというのは、うすうす感じているという人も少なくはないと思います。

日本の平均寿命は80歳を越え、世界も注目する長寿大国となりました。しかし、すでに老後を迎えているという人は、老後難民の落とし穴にすでにはまって抜け出せない状態が増えているのをご存知でしょうか?

「自分は、関係ない」と思っている人もいるかもしれませんが、老後難民は人ごとではありません。自分は、しっかり老後の貯蓄があるから大丈夫と安心するのは危険です。実際に、老後難民になっている人は、3000万円以上の老後資金を貯蓄している人がほとんどだからです。3000万円と聞くと、大金に聞こえますが、65歳で定年を迎え80歳を超える寿命を向けるまでの、生活費としてはギリギリの資金なのです。特に、70歳を超えてから、生活に限界が見えてくるといいます。

家族に迷惑をかけたくないと、自ら命をたつ老人が目立つのもこの年齢だといいます。老後難民にならないように、今からしっかりと老後の資金運用について考えてみてくださいね。

老後への備えについてはこちらの記事がオススメ!

9 10月 2014

加入すると得な学資保険

将来、子供が必要とする教育資金を蓄えなくてはなりませんが、その金額は、大学までなら、公立でも1000万円以上になるとされています。そのことから、早いうちから資金づくりを行なう必要があるとされているのです。

いま教育資金を作るためには、預金よりも学資保険がよいといわれるようになっています。この保険に加入すると、子供にとっては助かることがあります。保険では、万が一、契約者がなくなったり、高度障害となったときには保険料を支払う必要がありません。

そして、保険料を支払わなくても保険金については満期になると予定通りに受け取ることができます。これは、預金では得ることができない学資保険ならではの特徴とされ、この保険に加入していたほうが、もしもの時でも安心して学業に励むことができるようになるとされています。

これは、受け取る資金がいままで払い込んだ保険料ということでなく、生命保険と同じく保険としての金額が受け取れるようになることから、これから進学が必要な子供にとっては安心できるものとされています。

これが、預金との大きな違いであり、子供の進学において大学まで安心して心配するようなことがないといわれています。そういったことからも学資保険に加入したほうがよいとされているのです。

保険 | admin | 0 comentarios